Home » よくある症状 » 腰痛とカイロプラクティック

腰痛とカイロプラクティック

images腰の痛みの原因として考えられるものは、椎間板ヘルニア・脊柱管/椎間孔狭窄症・退行性関節症などが代表されますが、全ての腰痛はこうした機能的変化を伴うものではありません。 筋骨格系のアンバランスによる負担増加や、関節の可動域の減少によるものが多く、それらはカイロプラクティック的アプローチにて改善が望めます。

 

腰の痛みをお持ちの患者さんに特に注目してみていく部位は、もちろん腰椎・骨盤ですが、全体的なバランスのチェックも必要です。

人間の背骨は横から見るとS字のカーブを持っていますが、それを生理的彎曲といいます。 腰椎の部分では お腹側へのカーブ(前彎)があるのが正常ですが、その前彎が大きすぎても小さすぎても負担が強くなり腰痛の原因になります。

また前後から見ると、背骨はまっすぐであるべきですが、左右のバランスの崩れにより、横のカーブが出現してしまう事があります。 これも腰痛として訴えられる症状の原因のひとつになります。

 

以上をふまえ、個人に合わせたカイロプラクティックの調整を施し、調整を維持するために必要な留意点のアドバイスやエクササイズをお伝えします。

店舗案内

お客様の声

おすすめ書籍

Sponsored by

Copyright(c) 2015 【股関節専門】変形性股関節症の治療|平塚の股関節の痛みを専門とする整体院 All Rights Reserved.